ソーラーパネル 東芝の特徴と評価

MENU

東芝の評価・評判

評価 評判 価格

 

評価

  • 「東芝」として販売していますが製造はアメリカ「サンパワー社」です。
  • 2010年4月よりサンパワー製パネルのOEM販売を開始したので国内メーカーでは最も「歴史が浅い」といえます。しかしこの「歴史の浅さ」ですが「熟慮の上、万全の態勢で販売開始」…とも取れます。
  • サンパワー社自体は25年以上前からソーラーパネルの販売をしていますので、製品に関しては充分信頼がおけると思います。

 

評判

  • 発電効率が非常に高いです。
  • 最大出力250wのパネルが発売され、変換効率は20%以上。
  • 限られたスペースでもたくさんの発電が見込めると、かなり評判は高いです。
  • 東芝独自の長期保証(15年・20年)もあり、サポート面でも安心です。

 

価格

  • 高めです。
  • 最大出力・発電効率ともにトップクラスの性能ですが、それに比例し価格もトップクラス。
  • 発電量重視の方には向いています。

東芝の3大特徴

 

発電効率の良さと設置面積の問題を重視する方におすすめ!

 

コンパクト&軽量化で建物への負担が少ない

 

太陽光発電のパネルは屋根に設置するので、できるだけ軽く一枚一枚がコンパクトの方が向いています。一枚一枚が軽くて小さければ沢山のパネルを設置したり、設置面積の限られた屋根にも太陽光発電を取り付け出来ます。

 

今まで建物の強度や接地面積で悩んでおられた方にはオススメといえるでしょう。

 

ソーラーパネル 東芝 評価・評判

 

発電効率の良い単結晶

 

ソーラーパネルには単結晶と多結晶があるのですが、東芝のソーラーパネルは単結晶を採用しているので発電効率が非常に高いのが特徴です。

 

モジュール(パネル)の変換効率が19.3%というのにも、東芝のソーラーパネルの性能の高さが表れています。

 

東芝の製品 変換効率一覧表

 

2012年12月、新商品の発表がありました。

最大出力250w
変換効率…なんと20.1%です!
このソーラーパネルにより、さらに他社との差を広げました。

 

バックコンタクト方式で見た目もキレイ

 

表面に電極やハンダ付けがなくフラットな外観をしているため、性能だけでなく見た目もキレイです。

 

東芝のソーラーパネル 図解

 

参考)

 

補助金シュミレーション

 

※太陽光サイトの気になるお金のことメニューより

タイナビ バナー