ソーラーパネル Qセルズの評価・評判と特徴

MENU

Qセルズの評価・評判

評価 評判 価格

 

評価

1999年創業という歴史、またモノづくり大国の名にふさわしい堅実なソーラーパネルは製品としての信用度、保証内容の充実さの点でも充分に評価できます。

 

しかし、2012年4月3日、破産申請をしています。

 

これは、「製品の質」が原因ではなく、国の勧めた政策と安価な海外製品の流入が主な要因ですが、ユーザーにとっては不安材料の一つです。

 

ちなみに日本で販売している「Qセルズジャパン」は独立法人として運営されており、
親会社の破産申請に特に影響なく事業を継続しています。

 

ソーラーパネルの種類は少なく、日本の「小さな屋根」では設置が難しいですが、「頑丈で早朝や雲りでも発電する」耐久性と性能の高さは世界的にも評価されています。

 

評判

あたりまえですが、「破産前」と「破産後」では評判も分かれます

 

破産前は、やはり性能や保障面の充実ぶりから「大満足」との評判ですが、
破産後は「今後のアフターサービス」に対する不安が多く聞かれました。

 

実際設置している方は、
「破産前後で何も変わっておらず、アフターサービスも受けている」と評判です。

 

製品面でのマイナスな評判は一切聞かれなかったので、
「破産に伴う今後の対応」だけが心配されていますが、現在では特に影響はないようです。

 

価格

国内メーカーと比べると比較的安価で購入できます。

 

アジア系メーカーよりは高価ですが、ソーラーパネルの「質」「保証内容」ともに充実していますので、長期的な視点ではかなりお得感があります。

 

Qセルズの特徴

 

モノづくりの国ドイツ発祥の信頼感と充実の保証
ワールドワイドな事業展開と世界一位の実績

 

モノづくりの国ドイツから世界へ

 

1999年、まだ太陽光発電が今ほど私達の生活に身近出なかった頃、ドイツで創業したQセルズ。
よくドイツはモノづくりの国、マイスターがいる国というイメージがありますが、Qセルズもその遺伝子を受け継いでいます。
その後、世界各地(ドイツ、フランス、イタリア、マレーシア、中国、オーストラリア、日本、アメリカ)に拠点を持つようになりました。

 

Qセルズ 世界拠点地図

 

保証面で日本、他社製品とは一線を画す

 

いざ、太陽光発電のシステムを設置した時に気になるのが保証の問題ですが、Qセルズは以下の点で他のメーカーより優位な保証システムを採用しています。

 

ソーラーパネル Qセルズ(キューセルズ) 評価・評判

保証対象出力

 

太陽光発電を利用して、ある程度の年数が経過した後に、どの程度の出力を保証するかというメーカーの基準。

 

ソーラーパネル Qセルズ(キューセルズ) 評価・評判

 

リニアワランティーの導入

 

この制度は、10年まで一律の出力を保証するという国内メーカーとは違い、Qセルズでは、1年毎に段階的に設定された、太陽光モジュールの出力保証をしています。
そのため、柔軟で実用的な保証と言えるでしょう。

 

ソーラーパネル Qセルズ(キューセルズ) 評価・評判

 

モジュール25年、10年システム保証

 

太陽光発電をいざ家に導入してみても、保証面は気になりますが、特に心配なのが自然災害などへの対応です。
Qセルズでは、システムの保証を200万円まで、10年に渡りしてくれるため安心です。
火災や様々な自然災害を補償してくれる、このシステムは頼りになりますね。

 

ソーラーパネル Qセルズ(キューセルズ) 評価・評判

 

2012年4月破産申請

 

2012年4月3日、ドイツにて破産申請をしています。

 

日本で販売している「Qセルズジャパン」は、ニュース後すぐに

  • 「独立法人として事業しており、影響はない」
  • 「販売やアフターサービス、保証内容は今後も変わらず継続する」

旨を発表しました。

 

現在、日本では破産申請に関係する苦情等は一切上がってきていません。

 

2012年10月24日、韓国の大企業「ハンファグループ」がQセルズを買収し、
「ハンファQセルズ」として新たなスタートを切っています。

タイナビ バナー