ソーラーパネルにおける停電と自立運転

MENU

停電でも、自家発電で電気が使える

停電時にパワーコンディショナの機能をフル活用!
(停電でも、自家発電で電気が使える)

 

ブレーカーを下ろし、自立運転機能をONにすれば、非常時でも電気が使える

 

直流から交流へ電力を変換するパワーコンディショナですが、多くの機種で自立運転機能があります。自立運転機能とは、停電などの際に太陽光発電で発電した電力をパワーコンディショナのコンセントから使える機能のことです。

 

実際に利用できる電力は1.5kVA(長州産業の場合)程度であることが多く、最低限の家電製品を動かすことができるという認識の方がいいですが、非常時に電気が使えるのはありがたいです。

 

「1.5kVAまで使えるということは、1.5kw程度までの電化製品を使えるということです。」

 

kVA

実際に使える電力kA(キロアンペア)はV(電圧)により異なる。
太陽光の場合、機器の状態によって電圧が異なる。

どんな家電が使えるのか?

消費電力などによるので一概に全ての家電が使えるとは残念ながら言えません。しかし、自立運転機能では以下の様な家電が使える可能性があります。

 

テレビやパソコン

テレビでライフラインの状況等を知れる。ネットはモバイルデータ通信端末を使用する。

冷蔵庫、炊飯器、電子レンジなど

食事が一番困る非常時にも若干の制限はあるものの家電が使える。

 

停電時に頼りになるパワーコンディショナの自立運転機能。
試しに使ってみるのもよいかもしれません。

 

太陽光発電の自立コンセントの活用方法
※環境省が発表してる「太陽光発電の賢い使い方」です。なにか…どことなしに「昭和」を感じさせてくれます。

 

しかし…なんやかんや言っても結局は太陽光発電は「お天気次第」です。
急に曇ったり、雨が降ったりと、発電が安定しない可能性も充分に考えられます。

発電が安定しない曇りや雨の場合は「急に電源が切れると故障する可能性のある機器」には接続しないようにしましょう。